模型の家と設計図

防音対策について

一口に「防音」と言っても、防ぎたい音にはいろいろな種類があります。どのような音を防ぎたいのか、その対象を明確にしないと最適な防音の手段が見えてきません。 例えば、ピアノやドラムなどの楽器や音量を上げた際のステレオの音は隣室やご近所に迷惑になるものです。その場合、部屋の外に音を漏らさないようにするには壁や窓やドアから音が抜けないように「遮音」します。遮音には防音シート・二重窓・防音ドアなどが有効です。 また、部屋の中で音がこもったり響き過ぎると、音が濁って会話が聞き取りにくいとか音楽を聴くと疲れを感じたりします。その場合、音を出来るだけ壁などで反射させないように「吸音」します。吸音には吸音ボード・グラスウール・ロックウールなどの断熱材が有効です。 さらに、振動によって不快な音が発生する場合には、振動伝達を抑えるための「防振」をします。この場合、ゴムマット・カーペット・防振ゴムなどが有効となります。

マンションやアパートなどの集合住宅では、音に関するトラブルが後を絶ちません。しかし、だからと言って、賃貸では勝手に前に記述したような対策を行うわけにもいきません。そこで、ちょっとした工夫で防音出来る方法をご紹介します。 まず第一に、テレビなど音が発生するものを隣家の壁際に置かないことです。音は減衰しながら伝わりますので壁に到達するまで遠いほど小さくなって漏れにくくなるからです。 第二は、音が直接壁に当たらないように背の高い家具などを壁際に置くことです。障害物を増やして遮音効果を高めるわけです。 第三は、カーテンやカーペットを厚手にすることです。厚手のカーテンは音を吸音して外へ漏れにくくしてくれます。また、歩く音や物を落としたときの音が階下に漏れるのを防ぐのには厚手のカーペットが有効です。さらに、カーペットの下に防音シートを敷けばより効果が期待出来ます。 最後は、隙間テープです。隙間が発生しやすいドアや窓に貼ることで防音効果を高めることが出来ます。